一歳半健診へ行くが…

先日娘ちゃんも晴れて一歳半となり。

役所から一歳半健診のお知らせも届きました。

しかしお知らせの問診表には。
子供の状態を確認する質問が10くらいあり。

  • 何かを指さししますか?

しない!

 

  • 「パパ」「ママ」「ぶーぶー」など単語を3つ程度話しますか?

一つも話さない!!

 

うっすら心配になりながら。

気付かないふりと言いますか。
自分の中で否定していたのですが。

一歳半健診の担当医に、一か月後の再診を申しつけられました。

正直、その時は頭真っ白です。

え、え、え?

娘ちゃん、こんな可愛いのに。

こんなやさしくて、「ちょうだい」って言ったら
自分が食べてる卵ボーロをお父さんの口に入れてくれたり。

やさし~い、可愛い笑顔できゃっきゃする娘ちゃんなのに。

何か、何か問題あるのーーーーーー

って。

 

スポンサーリンク

育児は、多汗症のことだけではない

今まで多汗症のことにばかり気を取られていましたが。

いや、冒頭で書いた通り。

うっすら、うっすらは、「うちの娘ちゃんはなかなか話さないなぁ」とか。

思ってはいた訳ですが。

医師に言われると衝撃がデカイです…。

もっともまだ、具体的に何と言われた訳ではなく。

一般的な傾向として遅れ気味なので。
同じ医師による一カ月後の再診となった訳ですが。。

正直、あと一カ月経過したからと言って、
娘ちゃんが喋ってくれるかと言うと。

うーん。。。

それから約一週間。

ずっとどこかで、考えが過ります。

「ちょっと遅いだけ」

「個人差、個人差」

「でももしかしたら…」

「そういえば公園に言っても落ちてる小枝拾いを延々繰り返してたり…」

「いやいや、そんな」

…こんな考えの繰り返しです。

ただ。

正直この一週間何度も考えて、「なんで」「なんで」って反復して。

 

散々考えても、でも結局は

その中でハッキリ分かったのは。

娘ちゃんは可愛い!!

です。

誰が何と言おうと可愛い。

いや、見た目が可愛いとかいう話ではなく。

いや、見た目も可愛いんですが。
ちょっと、アイドルになれちゃうくらい。

可愛いんですが。

今言いたいのはそういうことではなく。

仮になんであっても、娘ちゃんは我が娘で。

大事であって、可愛い。

それだけはハッキリしています。

ただ。

ただ、ハッキリしていることのもう一つに。

これから大きくなって、やがては親の庇護の下から離れ。
娘ちゃんが、自分の力で生きていくことを考えた時。

やはり、何かあるよりは。

そうでない方が良いことは明らかです。

なんでもないと、いいなぁ。

とりあえず再診までの間、絵本の朗読強化月間です!

-----------------------------------
ブログ村に登録していますm(_ _)m
 
-----------------------------------

スポンサーリンク