ヘルパンギーナ

「ヘルパンギーナ」、ご存じでしょうか。

メープルシロップとバターを添えて食べると、

……美味しくない!

なんかベルギーあたりのお菓子っぽい名前な雰囲気もありますが。

病名です。

 

スポンサーリンク

娘ちゃん、ヘルパンギーナにかかる

私は全然知らなかったんですが、数日前に妻から
「へるぱんぎーな? …とかって発熱する病気が大流行しているみたいだよ」と聞いていました。

なんでも0歳や1歳くらいの幼児が罹患し易く、発熱して更に口内に赤い発疹がでるとのこと。

その時は、「へぇ そうなんだ」くらいでいました。

その翌々日だったでしょうか。

娘ちゃんがなんだかダルそうにしています。

体温を計ると熱が!!!

早速小児科へ連れて行くと、なんと。

件の「ヘルパンギーナ」でした。

確かに大泣きして、真ん丸お口を開けた時に覗き込むと、発疹が喉の奥に見えます。
話をしていた傍から罹ってしまうとは…。

最近娘ちゃんは児童館によく行っているので、そこで貰って来てしまったのかも知れません。
幸い高熱という程の発熱はなく、病院で頂いた薬を飲ませていたら3・4日で回復しました。

ただ、喉に出来た発疹がちくちくすると聞いていたとおり。
一度ご飯に娘ちゃん用ミニむすびを作ってあげたら、飲み込んだ瞬間に大泣きされました。
ご飯が喉を通る時、痛かったのでしょう。。。

ううう゛…

娘ちゃん、可愛そう。。。

それからは努めて喉に刺激の少ないご飯をあげました。
素麺やうどん、おかゆですね。

娘ちゃんも大分回復してきて、「やれやれ」なんて言っていた矢先に。

 

妻、ヘルパンギーナにかかる

妻が、「なんだか、ダルい…」

そう言い始めたのです。

その日は安静にして、汗をかくようにして床に着きましたが熱は下がらない。

そして、翌日には40度以上の高熱になったのです。

40度って、そうそうある訳じゃないですよね。

私自身はそんな高熱出したの、もう子どもの頃とか、そんな昔じゃないかなって思います。

これは何かおかしい。ただの風邪じゃない?!

まさかと思いながら、妻に大きな口…、もとい、口を大きく開けさせて。

口内を覗き込むと…、ありました。

喉の奥に発疹が。

どうやら娘ちゃんから妻へ、ヘルパンギーナが感染したようです。

ただ気付いた時には週末だったため、月曜日まで安静にし、
娘ちゃんの再診と共に妻も診察を受けました。

やっぱりというか、罹患していました。

診察した医師が言うには、「大人も罹患はするが、かなり珍しい」とのこと。

う~ん…。

結局月曜日は会社をお休みし、寝込む妻と病み上がりの娘ちゃんともふ姉の世話を一手に引き受けることになったのでした。

今週はハードな一週間でした。
がっくし。。

-----------------------------------
ブログ村に登録していますm(_ _)m
 
-----------------------------------

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)