これまで、このブログには私と妻、そして娘ちゃんが登場していますが。

娘ちゃんには実は姉がいるのです。そこで今回は我が家のモフ姉(もふねぇ)を紹介したいと思います。

モフ姉をお迎えした頃

etc-mofu01-20160912

これはモフ姉を我が家へお迎えした頃の写真です。超絶美人だと思いませんか。
モフ姉は7月生まれ、お迎えしたのが9月だったので、大体生後2・3ヶ月の頃になると思います。

スポンサーリンク

うさぎさんとの共同生活

我が家の一員とは言え、やはり人間とは違います。食べ物も違えば生活習慣や適する環境、罹る病気など…諸々の条件に違いがあります。

この頃はまだ娘ちゃんが妻のお腹にいる頃で、色々と考えました。妊娠中や乳幼児に罹るうさぎさんからの病気のリスク、種類なども調べました。その上での決断です。

モフ姉を我が家に迎えたその日から、よく懐いてくれました。正直、うさぎさんがこんなに人間に懐くとは思っていませんでした。

ぴょこぴょこ近寄って来て、頭を撫でて撫でてと催促する。それでも撫でないと鼻をツンツン押しあてて来て催促します。撫でるとゆったりとした姿勢でくつろいで、目を細め、歯をカチカチならします。(気持ち良いと鳴らすらしい)幼いころにはグゥグゥと甘えたような鳴き声も出しました。

まだ私が幼稚園~小学生の頃、実家でやはりうさぎさんを飼っていました。しかしその時のうさぎさんは、およそ「懐く」と言う言葉とは縁遠い性格だったように思います。

ただ、もしかしたら「性格」ではなく「環境」のせいもあるかも知れません…。

当時実家では屋外に木製の小屋と、金網を付けた中で飼っていました。

餌はよく覚えていませんが、ペットショップなんて大層なものは田舎である実家の周辺にありませんでしたし、ペレット(かりかり)をあげていた記憶は全くないので、おそらく野菜くずなんかだったのではないかと思います。

もっとも私が通っていた小学校で飼育されていたうさぎさんも同じような感じでした。それも孔雀、鶏と共同で…笑。当時はそんな感じ(時代)だったと思います。

あれから30年ほど。新たに迎えたうさぎさんは都内のマンションに一部屋を占有して暮らすことになります。ご飯はペレット(かりかり)と専用の牧草です。

ライフスタイルの変化は大きいです。

…話が脱線してしまいましたが、うさぎさんは私が持っていたイメージ以上に甘えっ子でした。また、モフ姉の性格による部分も大きいかも知れませんが非常に穏やかで、暴れたり噛みついたりはしません。

それにうさぎさんは鳴かない(ブゥブゥとか、グゥグゥとか、ほんの少し声は出しますが)ので、マンション暮らしでも共同生活し易いのです。

※ただし、犬や猫よりお世話するのは数倍大変だと思います。安易なお迎えは厳禁です

そんなモフ姉も我が家に来て約2年。娘ちゃんより一足先に今夏で2歳になりました。

モフ姉も成長しています

もう一度当時の写真です。

etc-mofu00-20160912

小さくてふわふわしています。

あれから…。

約2年…。

そして…。

この写真です…。

etc-mofu02-20160912

 

?!

 

 

etc-mofu03-20160912

ぽっこりお腹を出して、仰向けに、どーーーーん。
※クリックで大きい画像になります

いや…、まぁ…、可愛いから良いんですけどね。

健康のために少しダイエットした方が良いかも知れません。

モフ姉と娘ちゃん

そんなモフ姉と娘ちゃん。娘ちゃん、以前ははほとんどモフ姉に興味を示しませんでした。ところが本当につい最近になってから、物凄い食いつきを見せるようになりました。

モフ姉と娘ちゃんが戯れている姿は見ていてとても微笑ましいです。

-----------------------------------
ブログ村に登録していますm(_ _)m
 
-----------------------------------

スポンサーリンク