先日、と言ってももう一月くらい前になりますが「東京おもちゃ美術館」に行ってきました。

当日はあいにくの小雨でしたが、美術館は屋内型の体験・見学施設なので特に問題ありませんでした。

おもちゃ美術館概要

東京おもちゃ美術館は新宿にあります。行きはもっとも近い丸ノ内線四谷三丁目から歩いて行きました。徒歩で10分弱です。

初めに受付でお金を払います。子供(6カ月~小学生)は500円、大人(中学生以上)は800円、大人子供ペア券が1200円となっており、私は妻と娘ちゃんの三人だったため、ペア券1枚と大人1枚です。2000円なり。

小学校か何かの施設を再利用しているようで、階段や廊下は木張りの少々古い施設でした。どこか懐かしい感じ。各教室がテーマで演出されており、例えば楽器系のおもちゃがある部屋だったり、実際に身体を動かして遊べる部屋だったり、乳幼児向けの部屋だったり。

当日は休日ということもあり、結構混雑していました。

遊んでみての感想

子供はやはり喜ぶでしょうね。きゃっきゃしている子供達が沢山いました。ただ娘ちゃんは一歳半くらいですので、利用できる施設はあまり多くありませんでした。

ホームページでも「0~2歳児の親子での楽しみ方」と紹介されていますが、「赤ちゃん木育ひろば」「おもちゃのもり」によく食いついていました。

赤ちゃん木育ひろば

20160924-omotya1

0~2歳の親子限定の部屋です。部屋の中には木製のおもちゃ(積み木、おままごとセットなど)がたくさんあり、中央はすり鉢状にくぼみのある床で子供が遊べます。またいくつか木製の「トンネル」「ミニ滑り台」も置いてあって子供なら潜ったり滑ったりできます。

休日と言うことで混雑していて、あいているおもちゃを見つけたらそこへ移動して遊んでみる…、と言った感じでした。

ミニ滑り台は人気でひっきりなしに子供が遊んでいたため、果敢に攻められない我が家は遊べませんでした。(^^;

おもちゃのもり

こちらは一番人気がある部屋だったようで、入場制限が行われていて、部屋に入れるまでに10分くらい待ちました。入る時には30分くらいでの入れ替わりをお願いしますと声をかけられました。

20160924-omotya2

広い部屋に「卵大サイズ」の丸い木がたくさん入った「ボールプール」と、やはり木製のおもちゃ。それに中央には二階に登れる秘密基地のような小屋がありました。

20160924-omotya3

二階の小屋から撮影

まだ娘ちゃんが1歳だった頃、東京ドームにある「アソボ~ノ!」へ行ったことがあります。ボールプールへ娘ちゃんを入れた時には何のリアクションもなく、私たちがボールをかけていくとなすがまま。遠い目をして埋もれて行きました。

今回は木製のボールだったのでやさしくかけてあげましたが、やはり埋もれていきました…(汗

スポンサーリンク

まとめ

全体的に年齢がもう少し高い方が楽しめるのかな?と思うようなことが多かったです。カードゲームやボードゲームの部屋だったり、先生役がいてなにやら図工をやっている部屋もありましたが、いずれも娘ちゃんは手だしできません。

上記で書いた部屋だけでは少し物足りないですし、休日に訪れると混み合っているため、「空いているもので遊ぶ」感が否めません。

その割には6カ月の子供から料金がかかってしまい、夫婦子供で行くと入場だけで二千円からかかってしまいますから、正直ちょっと高いなと感じるところです。

これが平日にお母さんと子供、とか、幼稚園くらいの年齢以上だったらもっと楽しめたと思います。

木製の暖か味あるおもちゃ、スタッフの方がいて遊び方を教えてくれる、など良いところももちろんあるのですが、単純に「遊ぶ」点だけで言えば、個人的には「アソボ~ノ!」の方が楽しめた印象です。

と言う訳で、行くなら休日ではなく平日をお薦めします。

1時間ちょっと遊び、帰りは雨も止んでいたので新宿駅まで歩くことにして、道すがらカフェに寄ったりなんかして帰宅しました。

-----------------------------------
ブログ村に登録していますm(_ _)m
 
-----------------------------------

スポンサーリンク